ブレーキを踏むとハンドルが「ブルブル」する

ハンドルにはクルマのさまざまな情報が伝わってきます。

ブレーキを踏んだときにハンドルが「ブルブル」と震える場合、ブレーキにトラブルが
起こっている可能性があります。
今、ほとんどのクルマはディスクブレーキというシステムを採用しています。

 

文字通り回転するディスクをパッドと呼ばれる部品で挟んで止める仕組みになっています。
問題が起きている場合の多くが、このディスクかパッドに原因があります。

 

たとえば、本来はディスクの表面は平らであるはずなのに、わずかに歪んでいて、そのせいでがきちんとディスクに密着しないということがあります。
なぜ、ディスクがそういう状態になるかというと、やはり乱暴な運転でしょう。
ディスクはある意味、消耗品(摩耗するため)です。「習慣1」でもお話しした通り、ブレーキの踏み方に気を遣わない運転をしている人のディスクは均一に摩耗しないのです。
パッドの側にも同じようなことがいえます。
とはいえこの時点では、とりあえずブレーキはきくし、まったくきかないわけではない
ので、なかなか修理に持って行かない人が多い傾向にあります。
交換してもそれほど高価なパlツではありませんし、調整といったレベルで解決するこ
ともありますので、そのままにしておかないで修理に出してください。

 

なんといっても、ブレーキは安全には欠かせないものですから。

 

どうしても廃車のする場合は、その前にコチラをご覧ください。

 

「カラカラ」という音は最悪

エンジンのまわりには、振動を抑える手段のひとつとしてマウントという部品を配しています。

 

これはゴム製なのでどうしても経年変化で劣化して、硬くなります。

 

このマワントが原因で振動を起こす可能性があることも、頭に入れておいてください。

 

いずれにしろ、「ガタガタ」という振動を感じたら、なるべく早く修理してもっらって下さい。振動は車の大敵です。

 

長年にわたる振動は、ボクシングでいうところのボディブローのようにクルマの随所にダメージを与えます。

 

もちろん、乗っている人の疲労度にも影響を及ぼします。

 
エンジンをかけているときに、「カラカラ」「カッカツ」などと乾いた音がすることがあ
ります。

 

この場合はかなり悪い知らせです。

 
その音がする要因を説明するには、エンジンの構造をこと細かに述べる必要があるのでここでは省略しますが、エンジンのパlツのひとつにタペットという部分がありまして、そこにトラブルが起きていることが考えられます。

 
これらの音の要因のすべてが、タペットの不具合によるものとは断定はできませんし
エンジンが動いているからといって放置すると、大規模な修理のかしタベットであれば、必要性がでできます。

 
早い段階なら、調整などのわりと納得の出来る範囲の修理費ですみます。

 

カラカラ音がした場合は、そのままにして乗っていてはいけません。

 

とにかく可及的すみやかにディlラーやショップでみてもらいましょう。

 
エンジンまわりからの異音でいうと、補器類を動かしているベルト(ゴム製)が「キユ
ンキュン」「シュンシュン」と鳴っていることがあります。

 

これはベルトが劣化して硬くなり、空回りしている証拠です。

 

切れるとハンドルは重くなり、クルマが動かなくなるおそれがあるので、直ちに修理してもらってください。

「ガタガタ」という振動を感じたら

ものすごく当たり前な話からはじめますが、クルマのエンジンというのは吸入、圧縮、燃焼、排気という4つのサイクルで成り立っています。

 

このサイクルがスムーズにいっていれば、基本的にエンジンは調子がいいはずです。
しかし、この中の一つでもうまくいかないと、それがたとえば振動となってドライバーに調子の悪さを伝えます。
では、エンジンの調子の悪さはどうやったらわかるのかというと、け(アイドリング状態)でもすぐにわかります。
エンジンをかけた瞬間にエンジンルlム(ほとんどの場合クルマの前側)が「ガタガタ」とするのは、エンジンがバランスよく動いていない証拠です。

 

AT車の場合は、PレンジからDレンジに入れると、さらに振動が激しくなります。

 

エンジンをかけただやっかいなのは、程度の問題にもよりますが、しばらくはそのままでも走っていられるということです。

 

ですが、このまま放置しておくと、エンジンが壊れてクルマは動かなくなります。

 

修理代もたいへん高くつきます。
エンジン自体の調子が悪いわけではなく、エンジン内に火花を散らす役割を担う。

 

フラグのコlドが劣化しているというケlスもあります。

 

この場合もやはりガタガタという感じで伝わってきます。

 
ガソリンをエンジンに噴出するインジェクションという部分も、問題が生じやすい箇所
です。

 

不具合がおきて適切な量をエンジンの内部に送り込めないと、効率よくガソリンが
燃えてくれません。燃費も悪くなります。

 
アクセルペダルを踏んでも前ほどの力が出ないので、うという悪循環になるのです。