走っているとクルマがガクンとする

運転している(AT車)ときにシフトJダウンのショックが大きくなったと感じたら、そ
れは危険な兆候です。
トランスミッション(エンジンからの動力を上手に変換し、効率的に使うための装置)
に問題、が生じています。
これはATフルlド(潤滑油) の交換だけですんでしまうような軽傷のケlスもありますので、早めに修理に出してください。
重傷の場合、つまりトランスミッションの修理とか交換といった話になると、
出費を覚悟しなければなりません。
かなりのトランスミッションにはトラブルを抱えないことがなによりです。

 

そのためには、ATフルlドの交換を定期的にすることが必要です。最近のクルマのなかには無交換を謡うタイプもありますが、長く乗りたいのであれば、やはり213万キロくらいで交換することをオススメします。
「新車を買ってから数年、数万キ口走ってるけど一度も交換したことがない」という人も、これを機会にぜひ交換してみてください。絶対とはいいきれませんが、交換する前と比べてクルマが静かになったように感じられるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>