「ガタガタ」という振動を感じたら

ものすごく当たり前な話からはじめますが、クルマのエンジンというのは吸入、圧縮、燃焼、排気という4つのサイクルで成り立っています。

 

このサイクルがスムーズにいっていれば、基本的にエンジンは調子がいいはずです。
しかし、この中の一つでもうまくいかないと、それがたとえば振動となってドライバーに調子の悪さを伝えます。
では、エンジンの調子の悪さはどうやったらわかるのかというと、け(アイドリング状態)でもすぐにわかります。
エンジンをかけた瞬間にエンジンルlム(ほとんどの場合クルマの前側)が「ガタガタ」とするのは、エンジンがバランスよく動いていない証拠です。

 

AT車の場合は、PレンジからDレンジに入れると、さらに振動が激しくなります。

 

エンジンをかけただやっかいなのは、程度の問題にもよりますが、しばらくはそのままでも走っていられるということです。

 

ですが、このまま放置しておくと、エンジンが壊れてクルマは動かなくなります。

 

修理代もたいへん高くつきます。
エンジン自体の調子が悪いわけではなく、エンジン内に火花を散らす役割を担う。

 

フラグのコlドが劣化しているというケlスもあります。

 

この場合もやはりガタガタという感じで伝わってきます。

 
ガソリンをエンジンに噴出するインジェクションという部分も、問題が生じやすい箇所
です。

 

不具合がおきて適切な量をエンジンの内部に送り込めないと、効率よくガソリンが
燃えてくれません。燃費も悪くなります。

 
アクセルペダルを踏んでも前ほどの力が出ないので、うという悪循環になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>