空気圧はメーカーの指定値に従う

時間があるときは、もう少し詳しくタイヤを点検してみてください。

 

ご存知の通りタイヤはゴムですから、走っていればだんだんと摩耗してきます。

 

その摩耗具合をチェックしてほしいのです。

 
どこかが偏って摩耗している場合は、クルマが何かしら不具合をかかえているか、もしくは運転に問題ありというサインです。

 
最近ではめったにそういうことは起きなくなりましが、万が一釘などが刺さっていたら、慌てて抜いたりしないでください。

 

 

簡単には抜けませんし、抜くことで空気が完全にも
れてしまいます。

 

 

スペアタイヤに交換して、釘の刺さったタイヤをショップなどに持ち込んで修理してもらってください。

 
ちなみに、タイヤの空気圧の数値に関してですが、ご自分でメーカーの指定の適正値を覚えておいてください。

 

 

マニュアルに書いてありますし、運転席側のドアの下の部分に書いてあるクルマもあります。

 

 

そして、空気圧はその指定値より高くても低くてもいけません。

 

 

クルマ好きで、クルマのメンテナンスはほとんど自分でやるくらいの人なら、少し高くしたり低くしたり(低いのはデメリットのほうが多いですが)しでもかまいません。

 
燃費やタイヤのグリップ性能を確認しながら、適正値を探していくことも可能ですが、普通に乗っているならやはりメーカーの指定値に従っているのが無難です。

 

マジェスティ 買取価格と相場|いくらで売ることができる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>