ブレーキを踏むとハンドルが「ブルブル」する

ハンドルにはクルマのさまざまな情報が伝わってきます。

ブレーキを踏んだときにハンドルが「ブルブル」と震える場合、ブレーキにトラブルが
起こっている可能性があります。
今、ほとんどのクルマはディスクブレーキというシステムを採用しています。

 

文字通り回転するディスクをパッドと呼ばれる部品で挟んで止める仕組みになっています。
問題が起きている場合の多くが、このディスクかパッドに原因があります。

 

たとえば、本来はディスクの表面は平らであるはずなのに、わずかに歪んでいて、そのせいでがきちんとディスクに密着しないということがあります。
なぜ、ディスクがそういう状態になるかというと、やはり乱暴な運転でしょう。
ディスクはある意味、消耗品(摩耗するため)です。「習慣1」でもお話しした通り、ブレーキの踏み方に気を遣わない運転をしている人のディスクは均一に摩耗しないのです。
パッドの側にも同じようなことがいえます。
とはいえこの時点では、とりあえずブレーキはきくし、まったくきかないわけではない
ので、なかなか修理に持って行かない人が多い傾向にあります。
交換してもそれほど高価なパlツではありませんし、調整といったレベルで解決するこ
ともありますので、そのままにしておかないで修理に出してください。

 

なんといっても、ブレーキは安全には欠かせないものですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>